石材店様の“これからの○○”を作り出す インターロッククリエイティブサポート

INTERROCK creative support blog
私たちが皆様の広告・宣伝係です

03-3440-1403

平日10時〜17時

mailメールで問合せ
←トップページ

継続的な関係性作りに最適!ニュースレターのご案内

  • サンプルをご用意しております。お問合せフォームからお気軽にお申し付けください。
  • クリアな封筒に入れると、中身が見えて目にとまりやすく、読んで頂ける確率がUPします!

コメント

こんにちは!石材店様の販促をお手伝いするインターロッククリエイティブサポート(クリサポ)です。
あっと言う間に5月になりましたね。2ヶ月ごとに発行しているニュースレターは、現在6・7月号を製作中です。
先月発行の4・5月号では、石のお金「石貨」についての記事やエンディングノートに関するコラムを載せました。
かわいらしい漫画もついて、優しい印象のニュースレターです。
コロナ禍でお客様との非接触での継続的な接点を作りたい!ということで、始められる石材店様が増えています。
既に始められた方からも、クリーニングや戒名追加彫刻など、既納客との関係性を継続する仕事が受注できている、と大変好評をいただいております。
ニュースレターの契約店は地域で1社とさせていただいていますので、お申込みはお早めに!
ぜひこの機会にご検討下さい。

ニュースレターサービス3年目のまとめ

  • ニュースレターの一例。左上の2017年2月号を初号として、全18号を発刊しています。
  • コンセプトは「石材店様が自社で手作りしている印象の、社長の熱意が伝わるもの」「手作りの印象だけど内容がしっかりしたもの」。記事はプロのライターと毎号、企画会議を開いて制作しています。ライターは町歩きや企業の紹介記事を主に書いている女性で、石のことは素人の方ですが、こちらから石やお墓、石材店様の話題を振り、それが一般の方に興味を持たれるかどうか打合せたり、逆にライターから企画を持ち込まれたりして作っています。
  • 「石屋さんは原稿がない家紋は自分で原稿を作ることもある」というごく普段の仕事でも、一般の方から見れば❝知られざる石屋の世界❞。そうした情報を共有し記事にしていきます。
  • 「石を切るカッターの刃はダイヤモンド(人工だけど)」という石材店様にはごくありふれた事も一般の人には新鮮な話題です。
  • 緊急事態宣言が出された昨年4月、弊社のクリサポでもチラシの依頼が延期になったり、内容が変更になったりと「売り込み」が出来ない石材店様のケースがありました。 そうした中でも採用店様には変わらずニュースレターを続けていただいております。 当社でも守り神特集や、ペスト記念碑の話題、マンガではお墓見守りサービスのご案内など「売り込まないニュースレター」の強みを活かして手に取ってもらえる話題を提供してきました。
  • この「売り込まない」という強み。じゃあ、一体ニュースレターってどんな効果があるの?売れないんだったらやる意味ないんじゃない?そうお考えの方はたくさんいらっしゃるようです。
  • ちなみに、ニュースレターで検索してみると関連キーワードの3番目に「ニュースレター 効果」というものが上がってきました。おそらく、ニュースレターをやろうと思っているけど、効果があるのか?徒労に終わるんじゃないか?という心配から検索されている方が結構いらっしゃると思われます。 そして、このキーワードにヒットする記事を見ても、おそらくもっと不安になるかと思います。そこには来店者数何%UP、収益○○%アップしました!などの体験談は書かれていないからです。そこで、当社のニュースレターサービスを採用頂いている石材店様の声の一部をご紹介します。
  • 普段の会話がお墓の話題から始まることはあまりありません。ニュースレターで雑談の下地を作っておくことと商談もスムーズになります。
  • 一般の方だけではなく、ご住職にも石屋さんの仕事や考えを伝えることが出来ている一例です。
  • 遠い過去に一度だけのお客様(それも遠方の方)でも、ニュースレターは繋がりを継続してくれる例です。
  • ニュースレターは、石材店様とお客様、地域の関係を普段から良くしておき、いざ商談となってもスムーズに進めてくれるコミュニケーションにおける「潤滑油」のようなものではないでしょうか。ソーシャルディスタンスが叫ばれ「会話の潤滑油と言えばお酒!」という場面が減っている中、送った方に幅広く手に取ってもらえるニュースレターは貴重な会話機会を豊かにしてくれて、商談もスムーズにしてくれる有効なアイテムです。既納客だったら、広告とニュースレターで営業マンになってくれます。 ニュースレターが客との会話の下地を作ってくれているので、実は相見積もり目的だったという心配も少なくてすみます。 双方にミスマッチがないので、商談のロスも少なくてすみます。 石材店様の中で、なかなか声がかからない、相見積もり案件が多いといったお悩みの方は、日々の営業活動に、ニュースレターという潤滑油を差してみるのはいかがでしょうか?
  • お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、これの役割はホームページやブログ、SNSが取って代わりつつあります。しかし、これらのメディアは、御社に興味を持っている方だけがアクセス出来るメリットがありますが、御社が情報提供したい人には届いていないことも多いのです。その点、手元に届くニュースレターは読んでもらいたい層に目にしてもらうチャンスは確実に上がります。ちなみに、弊社ニュースレターサービスは、ホームページのブログ記事の提供サービスも行っております。
  • 発行4年目となる最新号は新デザインです。弊社ニュースレターサービスは、石材業界を見渡すと十年、数十年と続けてこられている石材店様もいらっしゃる中ではまだまだ序章の位置です。まだまだ気づかない効果があるはずです。御社でもアフターコロナに向けてニュースレターを始めてみませんか?弊社ニュースレターサービスは、同地域での採用店様の枠数を限らせて頂いておりますので、ご興味ある方は、お早めにお問合せください。

コメント

こんにちは!石材店様の販促をお手伝いするインターロッククリエイティブサポート(クリサポ)です。
新年とともにコロナ禍第3波を迎えてしまいましたが、そんな中で当社のニュースレターサービスは開始から4年目に入りました。
サービス開始時から始められた石材店様におかれましては、年6回×3年間、合計18通のお便りが地域の方、既納客のご家庭で読まれてきたことになります。
コロナ禍による来店客減や商談中断にお悩みになられた石材店様も多かった昨年、採用店様におかれましては特にこのサービスの強みを感じて頂けたようです。
今日は3年目の中間報告として、弊社ニュースレターサービスのかんたんなご紹介と、採用店様が感じているニュースレターの強みとは何かまとめてみました。

ニュースレター2-3月号が出来ました

  • サンプルをご用意しております。お問合せフォームからお気軽にお申し付けください。

コメント

こんにちは!石材店様の販促をお手伝いするインターロッククリエイティブサポート(クリサポ)です。
令和3年がスタートしました。毎日、寒さの厳しい日々が続いていますね。雪も少なかった前年に比べると、例年にない大雪や寒波の襲来など、実に寒さが身に凍みます。暖かい春が待ち遠しい、今日この頃です。
緊急事態宣言が出されるなど、世の中はまだまだコロナ渦にあり、外出自粛が呼び掛けられる中で、多くの石材店様より通常の営業活動が行いづらいとのお声をたくさん耳にします。そんな中でも、お施主様とのつながりを持てるニュースレターは大変好評を頂いております。
春は卒業・入学・転勤など、生活に大きな変化のある方も多い時期。お墓の管理についても、お困り事が増える時期です。紹介客獲得の種まきにぜひご活用下さい。
今号では、昨年12月に話題となった「はやぶさ2」を取り上げた石に関するコラムや、裏面では「終活」についてのコラムもスタートしました。
優しいタッチの漫画もあり、楽しく読める内容になっておりますので、この機会にぜひ導入をご検討下さい。

ニュースレター採用店様 誌上座談会

  • 実際には1社ずつ、インタビューさせて頂きましたが、読み物としてお楽しみ頂けるようにインターロックにて誌上座談会として再構成いたしました。
  • 今年で3年目となるニュースレターサービス。ニュースレターの担当者が、採用頂いている石材店様の声を伺ってみます。
  • C石材店様では既納客に200件近く配布されています。お付き合いのあるお寺にも置かれているとのこと。お寺の住職からは、毎号楽しみにしていると言われたり、ニュースレターを通して地域の人とのつながりをずっと保てている実感があるそうです。
  • D石材店様では既納客の他に、請求書や見積書などの郵送物に入れたり、お付き合いのあるお寺にも置かれています。あと、自宅訪問する際も手ぶらにならずに安心とのこと。地域密着型の石材店ということを覚えてもらえて、花立や塔婆立の修理など気軽に相談してもらえる機会が増えたそうです。
  • B石材店様では既納客を中心に600件、送られています。以前、地震被害の復旧手伝いで繋がりが出来た方にも送付。古いリストのお客様は、世代が代わると転居の知らせなどを下さって継続して送ってほしいという方もいらっしゃるそうです。
  • 創業100年のE石材店様。顧客情報はたくさん残っていたそうですが、全てのお客様に送るのは難しい…ということで、ニュースレターの目的に合わせて、建立期間や地域で絞ったリストを作られたそうです。ニュースレターは、顧客リストづくりにもお役に立てます。
  • 自社でやっていたこともあるそうですが、失敗と手間も多くて、今ではネット印刷に出しているそう。クリアの封筒に入れて宛名印刷したシールを貼って投函されています。
  • 100部程度の出力は自社でプリントされるケースが多いようです。
  • 宛名の手書きは大変ですが、開封率が高くなることは間違いなさそうです。今回のインタビューを通して、定期的な情報発信を心がけることが、日頃の業務にもプラスに働いている実感をお持ちだったのが印象的でした。
  • ソーシャルディスタンスが叫ばれている中で、ニュースレターというアフターコロナも見据えた非接触型営業スタイルを採り入れてみませんか?
  • ブログのネタにお困りの石材店様のお役にも立ちます。ソーシャルディスタンスを心がけなければいけないコロナ禍だからこそ、営業していますよ!という情報発信はとても大切です。資料、サンプルは問い合わせフォームからお申込み下さい。

コメント

こんにちは!石材店様の販促をお手伝いするインターロッククリエイティブサポート(クリサポ)です。
今日は、クリサポのニュースレターサービスが開始後3年目になることから、サービス当初から採用して頂いている5社様にインタビューさせていただき、誌上座談会というカタチにまとめました。
ネット広告での集客が主流となる中、少ない費用で既納客や見込み客との継続的なつながりに有効とされるニュースレター。始めるのはかんたんでも継続が難しいということですが、実際にやっていらっしゃる石材店様はどのように感じられているのでしょうか。インターロッククリサポのニュースレターを採用頂いている石材店様の貴重なお声をご紹介します。

ニュースレター8-9月号が出来ました

  • サンプルをご用意しております。お問合せフォームからお気軽にお申し付けください。

コメント

こんにちは!石材店様の販促をお手伝いするインターロッククリエイティブサポート(クリサポ)です。
ニュースレターの8-9月号が出来上がりました。
コロナウィルスの影響がまだまだ続いていますね。なかなか収束の目途も立たない現状のようですが、歴史上の疫病流行の終わりを告げた石碑を紹介することで、希望を感じていただける記事を配信しました。
例年この時期はお墓の商談が多いシーズンかと思いますが、チラシ等の集客広告はなかなか出しづらい雰囲気ですよね。
そんな中、ニュースレター採用店の皆様からは、地域の会合や家庭への訪問が難しくなる中でも、ニュースレターだったらお送りしても大丈夫、これまでつながりを作っておいて良かった!という声を頂いております。
ニュースレターの契約店は地域で1社とさせていただいていますので、お申込みはお早めに!
ぜひこの機会にご検討下さい。

ニュースレター6-7月号が出来ました

  • サンプルをご用意しております。お問合せフォームからお気軽にお申し付けください。

コメント

こんにちは!石材店様の販促をお手伝いするインターロッククリエイティブサポート(クリサポ)です。
ニュースレターの6-7月号が出来上がりました。
最近では、新型コロナウィルス感染拡大の影響で「アマビエ」に代表される疫病退散神が注目を浴びていますね。(アマビエとは・・・江戸時代の肥後(熊本)に出現した妖怪。外見は人魚のようで、鳥に似たくちばしがある。「病がはやったら私の写し絵を人々に見せよ」と言いのこし、海へ消えたとの言い伝えがある。)
今号では昔から多くの人が頼ったとされる疫病退散神の数々を特集しました。その他、季節の花や仏具の豆知識など、たくさんの情報がのっています。
人との距離を保ちながらの活動にうってつけのニュースレター、ぜひこの機会にご検討下さい。

ニュースレター4-5月号が出来ました

  • サンプルをご用意しております。お問合せフォームからお気軽にお申し付けください。

コメント

こんにちは!石材店様の販促をお手伝いするインターロッククリエイティブサポート(クリサポ)です。
昨年末より中国から聞こえてきたコロナウィルスのニュース。2 月に入ると国内でも大きな問題となり多くの学校が休校し、卒業式や歓送迎会など大切なイベントや会合の中止が相次いでいますね。
北海道では外出自粛の要請が出されるなど、多方面で影響が広がっており、いろいろな店舗で来店客が減っているニュースを耳にします。
そんな今だからこそ!こちらから相手のご自宅へご機嫌伺いをお送り出来るツール、ニュースレターはいかがでしょうか。
ほのぼのとしたイラストに優しい文章。お墓や仏具に関する豆知識や季節のお花など、いろいろな情報が満載です。
いろいろと不安なニュースが飛び交っている中ですが、しっかりと石材店様のことを思い出していただき、将来の紹介客へつなげてくれるツールになります。
ぜひ、この機会に導入をご検討ください。

春からの紹介客獲得の種まきに、ニュースレターはいかがですか?

コメント

元号が令和になって初めてのお正月。みなさんはどんなお正月を過ごされましたか?
まだまだ寒いこの時期ですが、春からの紹介客獲得の種まきにニュースレターはいかがでしょうか。
春は卒業・入学・転勤など、生活に大きな変化のある方も多い時期。お墓の管理についても、お困り事が増える時期です。
2・3月号では、ほのぼのとしたタッチの漫画でそんな季節にあったテーマを取り上げています。
その他にも、お墓や仏具の豆知識、季節のお花など、いろいろな情報が満載です。
楽しく読める内容になっておりますので、既納客への継続的なアフターフォローに、ぜひお役立て下さい。
サンプルもご用意しております。
実際に見てみたいという方はお気軽にお問い合わせ下さい。

既納客フォローをより強力に!

  • サンプルPDFをお送りします。
    お問合せフォームからお気軽にお申し付けください

コメント

ニュースレター8-9月号が完成し、採用店様へ配信させて頂きました。
平成の30年間、今の上皇、上皇后は日本全国を訪問されています。その後、訪問された地域の方々の手により、数多くの行幸啓碑が建てられています。そこから、地域の歴史を伝える記念碑、その素材である石の大切さを訴える内容になっています。
6月から配布しております「お墓スマイル」が、年1,2回の配布で、アフターフォローやお墓用のメモリアル品の案内など、営業色を打ち出したものに対して、こちらは関係性の継続を重視したものになっております。
同じ既納客フォローでも、目的の異なるツールを同封してみることで、新たな効果が生まれることが期待できます。お盆・お彼岸の季節はご家族の中でお墓の話題が取上げられやすい時期でもあります。
是非この機会をお見逃しなく、ニュースレター+お墓スマイルをセットで採用・配布されてみてはいかがでしょうか?

「あの石屋さんから便りが届いた」忘れられない営業アイテムです

  • 夏の始まりにふさわしい話題を取り上げています。

コメント

ニュースレター6-7月号が完成し、採用頂いている石材店様へ配信させていただきました。
2ヶ月に1回、味のあるイラスト、優しい文章による便りが、お施主にとって石材店様がいつまでも忘れられない存在になるはずです。
7月の話題をメインに取り上げていますので、今、ご連絡いただいても十分間に合います。ぜひご検討下さい。