石材店様の“これからの○○”を作り出す インターロッククリエイティブサポート

INTERROCK creative support blog

03-3440-1403

平日10時〜17時

mailメールで問合せ
←トップページ

仙台大観音に行って来ました。

  • きれいになった仙台大観音。
  • 足元にある龍の口が入口になっています。
  • 胎内には沢山の仏像が安置されています。
  • 中央の吹き抜け部分。手すりから下を眺めるとあらためて高さを実感。
  • 胎内の構造図。

コメント

こんにちは!石材店様の販促をお手伝いするインターロッククリエイティブサポート(クリサポ)です。
12月に入り、今年もあとわずかになりました。「巨大なピンクの観音様」と秋頃に話題となった、宮城県仙台市にある“仙台大観音”に東北事業部員が行って来ました。
東北事業部からも車で20分位の距離にあり、見慣れた風景の一部ですが、この秋、修復作業のため一時ピンクに塗装され、「SNS映えする」と話題になっていました。現在は作業も終了し、すっかりきれいになっていましたよ。身近すぎて、一度も行ったことのなかった仙台大観音ですが、この機会に行って来ました。
高さ100メートルある観音様は下から見上げるとその大きさにあらためて驚かされます。観音様としては日本一の大きさだそうで、中に入る事も出来ますよ。
龍の口をした入口から中に入ると、中央にあるエレベーターで上まで上がります。胎内をぐるぐる回るように作られた通路には108体の仏像や12体の神将像など、たくさんの仏像が安置されており、眺めながら階段で降りてくることになります。中央には下を望める吹き抜けがありますが、あまりの高さにドキドキします。高所恐怖症の方は大変かもしれません。一度にこんなにたくさんの仏像を見ることが出来るのも珍しく、興味深く見てきました。
すっかりきれいになった仙台大観音、お近くにお寄りの際は眺めてみて下さい。